Tag Archives: デジタル技工

デジタル技工

口腔内スキャナーのデータをいただき技工物を製作。 試行錯誤を経て、歯科技工所として、 安定した技工物が堤供できるプロセスを構築しつつあります。 スキャナーを導入された先生方のご期待に添えるよう、 情報の交換を密にし、 「うまくいく」を感じていただけるよう努力してまいります。    ...
Read more

日報

去年の4月に入社した新人の二人は日報を書いていただきました。 少し慣れたころには、いろんな質問や、コメントも書いてくれるようになり それがとってもユニークで先輩も社長も思わず”にっこり” ファインデンタルには、この道30年以上のベテランもいて、それぞれの “技術の答え” を持っています。その意見やアドバイスを聞き、 自分なりの “答えの模索” を始めます。 手順はマニュアルに出来ますが 、マニュアル化できない具現化する技術を 自分の中に我慢強く育ていきます。 新人の彼女らも4月には後輩ができます。 働き方改革で時間制限が始まり、また、アナログからデジタル技工に変革の時、 彼女らが挑戦しできることが増え、 成長を感じる事が出来ることを祈る思いでいます。    ...
Read more

デジタル技工 ファインデンタルのジルコニアクラウン試み3

以前、ジルコニアクラウンフレームの進化では、”ジルコニアクラウンの色”についてふれました。ジルコニアディスクの進化により フルジルコニアの色表現の可能性が広がりました。 また、”デジタル技工 ファインデンタルのジルコニアクラウン試み”としてCAD/CAM 削合機との関係を探っています。削合、焼結などの工程で起こる収縮を考え、精度の高い技工物を納めるための取り組みを紹介しました。   [caption id="attachment_2629" align="alignnone" width="952"]デジタル技工 ファインデンタルのジルコニアクラウン試み CADCAM 10mm cap TEST材 CAD計測結果[/caption]   テストピースでも製作 [caption id="attachment_2656" align="alignleft" width="604"]デジタル技工 ファインデンタルのジルコニアクラウン試み ジルコニアフレームの収縮を確認するため比較用テストピース[/caption] すべては ジルコニアフレームの削合 焼結の工程をへて 完成として先生のもとにお届けできるまで、どのようにすれば時間短縮でできるか。 この課題を乗り越えるために、今、時間を掛け向き合っています。

歯科技工所のデジタル化は、設備導入の後、

機械(CAD/CAM)と工具、ジルコニアディスクなどの材料、そして 歯科技工士の技術をすり合わせていくと、思わぬ難題に当たります。

その難題解決するプロセスへ、挑戦の日々が始まっています。

 
   ...
Read more

勤怠管理もデジタル化?

勤怠管理をどのように時節に合ったように、変えていくのか。 ずいぶん悩みましたが、クラウドを利用し、始めることにしました。 届いた指紋静脈ハイブリッドリーダーです。明日は、 設定に挑戦です。 無事に終わりますように、  ...
Read more